番组百科(bbk.tv)专注于动画收藏&整理(不提供播放),欢迎使用番组百科。

MIX:明青故事 第二季 ~第二个夏天,迈向晴空~
  • 收藏
  • 待看
  • 看过
  • 搁置
  • 抛弃
  • 标记
  • 评分:0.0
  • 我的评分: 0.0
  • 共()人评分
  • 评分: 0.0
  • 地区日本
  • 动画种类TV
  • 中文名称MIX:明青故事 第二季 ~第二个夏天,迈向晴空~
  • 原版名称MIX MEISEI STORY 2ND SEASON ~二度目の夏、空の向こうへ~
  • 英文名称Mix: Meisei Story 2nd Season - Nidome no Natsu, Sora no Mukou e / MIX Season 2
  • 其它名称MIX MEISEI STORY Season2 / MIX 2ND SEASON ~第二次的夏天,向着天空~ / MIX:明青故事 第二季 ~第二次的夏天,向着天空的另一方~ /
  • 首播时间2023-04-01
  • 播放状态完结
  • 标签校园 / 运动 / 青春 / 恋爱 / 漫改
  • 原作あだち充「MIX」
  • 监督神谷智大
  • 脚本北条千夏 / 森地夏美 / 冨岡淳広 / 福嶋幸典 / 山田健一
  • 分镜永島昭子 / 西森章 / 神谷智大 / 吉川博明 / のなかかずみ
  • 演出伊藤史夫 / 吉村朝陽 / 和田卓也 / 森田侑希 / 神谷智大
  • 动画制作OLM
  • 制作协力Studio Bus / NAMU Animation / サンシャインコーポレーション / Elias / Studio Pistis
  • 製作MIX MEISEI STORY 製作委員会
  • Copyright©あだち充 / MIX MEISEI STORY製作委員会 2023
  • 系列棒球英豪
  • 官方网站https://mix-anime.jp/
  • Rating9+

《MIX:明青故事 第二季 ~第二个夏天,迈向晴空~》

明青学園が何かと騒がしい。

負けられない明青学園には、頼もしい 新入生たちがやって来る!!

しかし やって来るのはそれだけではないようで...?

2年目の夏に向けて、投馬と走一郎の、

新たなドラマが大きく動き出す。

「タッチ」ファンにはたまらないシーンも ちらりほらりと...

立花兄弟、高校2年の夏...!

今年の夏は...今年の夏こそ...!

标签

—— 标签不正确?请点击添加新标签 ——
—— 请选择标签 ——
    —— 已选择 ——

      PV剧集平铺显示 / 列表显示

      正式剧集平铺显示 / 列表显示

      • 第1话 请多多指教了

        东东京大会半决赛,明青学园的投马和东秀高中的三田进行了激烈的投手战。比赛以投马的暴投为契机,东秀高中进入了决赛。过了一段时间,势南高中的西村来到了立花家。在东京奥运会决赛中担任投手的西村对对手东秀高中派出了第二、第三名投手表示不满。王牌选手三田在半决赛中投出了14次延长赛,西村说自己几乎没有参加决赛,所以情绪没有高涨,对此投马大喝一声:“不要把输掉比赛的责任归咎于别人。”。另一方面,跑一郎发现了春夏拔草的身影,来到了明青学园的棒球部球场。最近,希望加入棒球部的人增加了,春夏好像很为难。因为东京奥运会的活跃表现而备受瞩目,很多学生不知道棒球,但误以为只要进入棒球部就能成为受欢迎的人。“不可能成为战斗力”春夏看起来很吃惊。但是,走一郎在入部申请中发现了某个人。看着春夏和走一郎的身影,立花家的电话响了。对方是母亲的真弓“发生交通事故在医院”。接到电话的音美说“好像不是什么夸张的东西”,但是在催促“马上去医院”的西村的推动下,投马和音美去了医院。结果,受伤的是一起走的人,真弓好像什么都没有。走在医院走廊上的投马被伤痕累累的锦缎搭讪。说话的第二天,在学校看到了被拒绝加入棒球部的锦的身影……

      • 第2话 不要管我

        虽然是向受伤增加来上学的锦打招呼的投马,但是被推开了“不要管我”。锦缎的脸上伤痕累累,但手上却没有翻身的痕迹。感觉锦的身体比暑假前更紧张的投马,向今川传达了“那个伤是吵架吗?”的疑问。回想起来,锦在殴打教练后退社的初中部的情况也有可能是投马造成的。另一方面,也有瞄准训练中的锦标的不良少年。因为想和自己动手而生气,所以经常袭击锦。扫除这些不良少年的是关心他的二阶堂。到最后也不放弃加入棒球部的锦的想法也相通,今川告诉他“脸上的伤治好了就来练习吧”。锦也加入了,被认为是进入轨道的明青学园棒球部。但是2年级的空白是相当大的,理想的状态是在秋季大会结束的11月。不仅是锦缎,投马也不是状态很好。如果真的以甲子园为目标的话,也会有人说,不是抱怨古奇古奇选手的比赛的大山教练,而是应该寻找更好的教练。但是看了大山导演的笔记的今川他们,注意到了一件事……

      • 第3话 以为现在是几月!?

        迎接3月,在明青学园中等部也举行了音美们的毕业典礼。被驹说“音美成为女高中生是学园爱情喜剧解禁”,总觉得是一匹软绵绵的投马,结果还是和往常一样的立花家。那个时候的赤井家,父母很高兴看到在甲子园活跃的哥哥智仁的身影。另一方面辽由于「不去支援」的一味有什么想的地方的情况。之后过了一段时间的某一天,音美和朋友们一起去公园赏花。但是,即使到达了被指示的地方,也没有其他的参加者,附近也没有可以赏花的地方。送来地图的亚里沙,即使被其他的参加者问到音美们的事情也会回避话题。好像在策划不能参加赏花。在这种情况下,听到了警车的声音,赏花的客人们开始哗啦哗啦地说:“刺伤店员的便利店强盗拿着凶器逃走了。”。犯人前往的地方,是亚里沙引导音美他们的地方——!?

      • 第4话 去拉拢那小子

        迎来新年度的明青学园棒球部。说起新战斗力,只有夏野左右,原本的成员们也不是很稳定。在这样的练习中,锦好像在画廊里看到了中等部棒球部的黑柳教练。另一方面,音美被亚里沙找了个不记得的借口。原以为辽加入了足球部的亚里沙,作为经纪人提交了入部申请。但是没有辽的身影,亚里沙对有影响力的音美说:“赶紧进入足球部吧。”。但是,音美发现了在院子里说话的投马和辽的身影,传达了“可能晚了”。结果,辽加入了棒球部。音美也从以前开始就注意到了,并没有那么吃惊。不久前,投马和智仁看到了在击球中心练习的辽的身影。辽不打应该喜欢的棒球,是因为智仁一直在打。无法填补的1年之差,以及2人之间的隔阂成为决定性因素的是辽将自己珍视的狗与交通事故相吻合。身心俱疲的智仁在想着“该怎么道歉”的时候错过了道歉的机会,至今一直无视。智仁留下这样的话,就离开了。然后辽加入了的明青学园棒球部新的变化……?

      • 第5话 干嘛?可疑人物

        这几天,在明青学园附近有可疑者被目击。在这种情况下,学校生活也和平时一样。新年度的班级更换也结束了,投马被棋子宣传生日。第二天,在社团活动楼发现了准备惊喜派对的棒球部员们的棋子很兴奋,但那是春夏的生日派对。忘记了棋子生日的投马,拜托音美买了棋子用的蛋糕。但是不管怎么等音美都没有回来,来叫她的是走一郎。慌忙离开家的投马和走一郎看到的是在医院和警察在一起的音美。被打瞌睡驾驶的车冲入了的音美,是在马上路过的男人帮助膝的擦伤。那个男人虽然被车撞了,但全身都不正常……。之后,来到立花家的男人,从一个月前开始就丧失了记忆。看来这几天在明青学园周边被目击到的可疑者的原形是他。在立花家照顾的他,不知为何好像很在意明青学园……?

      • 第6话 不是梦

        这是明青学园对海旺西高中自夏季甲子园以来的练习赛。对去年的比赛中保留马术感到不满的海旺西高中的教练,在这次比赛中要求堂堂正正地进行不讨价还价的认真比赛。明青学园的顶尖投手马不停蹄地领先,而海旺西高中棒球部的队员们也许是因为教练的压力,不能很好地发挥。从立花家眺望那样的比赛,音美的生命的恩人的记忆丧失的男人。男子确认了投马从投手踏板上下来后,向来到立花家的西村打招呼说要和他打接球。两人走到院子里开始投投投接球,但是男人为了避开被投的球,进行了大暴投,怎么也不认为是在打棒球……。过了一段时间,立花家的院子里搭起了帐篷,男人在那里过夜。这名男子似乎既没有申请搜查也没有被通缉,英介成为身份保证人定期去医院。在这种情况下,男人说想去咖啡店。学生时代,因为觉得好像在这附近,所以好像想起了什么……

      • 第7话 只是练习比赛吧?

        健丈高中向明青学园申请了练习比赛。健丈高中似乎对有延展性的明青学园感到莫名其妙的毛骨悚然。大山导演拒绝说也不会特意公开自己的想法。但是完全沉迷于健丈高中的作战,决定了比赛的日程。与与明青学园有因缘的健丈高中的对战,以及从健丈高中申请的练习比赛,周围的人都很嘈杂。当天,投手踏板上没有王牌投马的身影。参加比赛前的公路工作的投马和棋子遭遇了抢劫犯。在确保了身份之后,协助了警察。不想透露手心的大山导演告诉投马们“协助搜查是市民的义务,没有必要慌张”。取而代之的是“普通投手”1年级的夏野。健丈高中的小宫山教练说:“第一次就破坏比赛吧。”。

      • 第8话 那就是王牌喔

        明青学园和健丈高中的练习赛开始了。另一方面,偶然确保抢劫犯身份的投马和棋子,在协助警察后被送到了球场。在那里看到的是无失分坚持的夏野的身影。第4局初,在夏野的运气即将结束的时候,投马登上了投手踏板。虽然现在是全国区的健丈高中的击球手,但是成长了的投马的投球手和脚都没有。但是在第7局初,再次轮到击球位的智仁看穿了球,击球越来越长。追着它的辽漂亮地接住了,明青学园平安无事。出局后回到长椅上的智仁无法接受的样子。那不是被弟弟辽抓住的,而是把投马的球“用那个反应打到那里,只飞到那里”。之后也被健丈高中的击球员们抓住了球的投马。不愧是健丈高中……小宫山导演也很安心的样子。但是,健丈高中的击球手们之所以能抓住球,是因为说出球种和路线的接球手跑一郎所为!

      • 第9话 胜败!

        练习比赛结束后,跑一郎和音美回到立花家。跑一郎说,为了让健丈高中的击球手能听到投马的球种和路线,他说:“投马不要骄傲。”但音美却说:“这是骗人的。”。跑一郎应该知道,他不是一个投马会骄傲地放弃努力的男人。结果,跑一郎坦率地坦白说“因为嫉妒而欺负了我”。在这样的家中,大山教练和英介的明青棒球部OB会很热闹。唱起校歌的两个人。在院子的帐篷里听着那个丧失记忆的男人,被带着哼着校歌……!?6月,在夏季地方大赛前的预测中,明青学园的前评价非常高。但是“明青学园的追逐”间崎却一副不高兴的样子。听了故事的失忆的男人问了理由,开始说在明青学园艾斯出现的时候会发生悲剧。走一郎和音美的亲生父亲泽井圭一,还有30多年前的“上杉和也”……说出这个名字的应该是丧失记忆的男人。他为什么知道“上杉和也”?记忆到底会回来吗……?然后夏天临近了的某一天,在明青学园棒球部浇了拉面的红白战开幕!

      • 第10话 别小看我!

        明青学园棒球部开始了浇了拉面的红白战!红组、春夏队和白组、大山教练队拉着山鸡分成固定的队伍开始比赛。首先是白组的投马,但是接球手野野村没能抓住全力的球,不能像想象的那样投球。另一方面,红组的投手夏野看起来状态很好。但是,在比赛中徒手抓住了球,就戳到了。红组除了夏野以外应该没有投手。这是白组的胜利!? 虽然这么想,但登上投手踏板的是走一郎。而且,接球手在中学时代到跑一郎进入之前一直是正捕手的今川,成为了稳定的电池。到底,红白战的结果是⁉ 另一方面,来给圭一扫墓的真弓看到了站在墓前的男性。男性是明青学园的美术教师千本木,高中时代好像和圭一有什么关系。在立花家从真弓那里听到这件事的英介,想要想起什么……

      • 第11话 当作没看见吧

        带着拳击散步的投马和音美被小说家月影渚老师春夏的母亲大山绿及其担当编辑叫住了。月影连载的高中棒球作品的展开陷入了苦战,想问两个人的话。主人公的家族构成是立花家本身,连载短篇用考虑了的话——这样的事好象痛苦着。坐上担当编辑驾驶的车看着外面的风景的投马和音美,遇到了春夏打谁巴掌的场面。向月影报告后,被说“那个男人有脉搏吗,真的不行的男人。我的女儿不会打无关紧要的男人”,更加困惑了……。另一方面,寄居在立花家的失忆男子,在公园被千本木搭话。他说,丧失记忆的男人“自称是从澳门来的‘哈里马’”“为了与邪恶组织战斗,来到印度的深山里修行”。谜团越来越深。第二天,在学校春夏被招呼的投马扑通一声。因为春夏双方都认为对方是跑一郎。那个跑一郎也睡懒觉,嘟嘟囔囔地自言自语在楼梯上快要受欢迎了,样子很奇怪。在社团活动中也看不到心不在焉的练习状态,朝着社团室的投马遇到了愤怒地喊着“绝对不允许!”的春夏。跑一郎又来到了那里……!?虽然投马很慌张,但两人只是为了出演文化节用的短篇电影而拼命记住台词。所有的罪魁祸首都是被电影研究会顾问灌了酒的大山导演……

      • 第12话 在呼唤我们

        吃午饭的投马被千本木搭话。4月调到明青学园工作的千本木,对投马说:“我有话要说你的父亲。”。千本木讲述的是走一郎和音美的亲生父亲泽井圭一。去叫跑一郎,重新被说了的过去——东东京大会四分之一决赛的事。泽井和千本木接触跌倒。千本木最终夺走了泽井的选手生命。听了这话的走一郎说:“两人都是受害者。”。担心父亲的跑一郎,也调查了对方之后的情况。千本木也受到了心灵的创伤,被眼前有人就会擅自停止的伊普斯所困扰,不能继续打棒球了。之后,转行到没有接触危险的田径短跑。在那里使才能开花了。跑一郎对千本木说:“对那件事最高兴的也是泽井。就是这样的男人。”。那场比赛的接球手是现在的棒球部教练大山,救援投手的儿子是王牌投马,还有泽井的儿子是接球手跑一郎。跑一郎说:“泽井圭一叫来了想让大家看到明青学园甲子园出场的人们。”。另一方面,音美被一直被视为眼中钉的亚里沙邀请参加生日会……?

      • 第13话 在这个季节

        今年,全国高等学校棒球选手权·东京大会也开幕!种子学校的明青学园,做着作为初战的对手的队伍的侦察。大山教练和春夏面对的比赛内容给人的印象是“两者都是”。另一方面,在投马和跑一郎面对的野上高中VS白尾高中的比赛中,7局结束后以5分之差,从实力上看,野上高中更高。但是,白尾高中也是一支不放弃的比赛、一圈的长椅、高兴地注视着这些选手的教练……投马不由得说“这是一支想支持的队伍”,是一支气氛很好的队伍。投马发出很大的声音很显眼,两人中途就回去了。虽然有分数差,认为首战的对手是野上高中的投马们,但之后被告知的是“白尾高中在8局9局追上,在延长赛11局中取得了再见胜利”。白尾高中的攻击力、投手力都不太明显,但包括练习赛在内,无论是赢还是输,都几乎是一支交锋的球队。对清扫活动和志愿者活动也很热心,在当地商店街的评价很好。听了这些话的记忆丧失的男人说「如果在初战中绊倒的话说不定是那样的队伍」,让明青学园爱好者间崎感到不安。但是,间崎去应援的明青学园VS白尾高中的比赛,是单方面的。第6局比赛,胜者是明青学园!

      • 第14话 PART2

        全国高中棒球锦标赛。明青学园的下一个对手是现在罕见的不良学生聚集的飞龙北高等学校。自由的校风,体格和运动神经都很好的人很多,在格斗比赛中培养出了很多全国水平的选手。棒球部也是几年前进入前8名的常客学校。但是多次被反复的对外比赛禁止处分,3年前就任的户井田教练被学校方面任命为彻底的改革。改革成功,成为有礼貌的队伍的飞龙北棒球部……完全赢不了了。他们的坚强是粗鲁和无礼的组合。由户井田教练负责的飞龙北棒球部,不管是礼仪还是个人的技术和能力都是真的。户井田教练说,这是创部以来最强的队伍。明青棒球部的先发投手是还没有很好地控制投球的夏野。大山教练承诺在被拿到3分之前不会改变。夏野的控制力似乎被飞龙北棒球部发现了,但即便如此,比赛也几乎是由明青棒球部获胜决定的。但是飞龙北棒球部没有放弃的选手。实际上,户井田教练和新校长发生了争执,如果在这次比赛中输了,就辞去棒球部的教练职务。关于那份合同,校长对周围的人信口开河,当然棒球队员们也听到了。比赛以明青棒球部的胜利而结束,但户井田教练笑着说。到底签约时写的备忘录的内容是……

      • 第15话 荣新?

        飛竜北高等学校との試合が終わり、続いて発表された対戦相手は栄新高校。それは27年前の東東京大会準々決勝、走一郎と音美の実父・澤井圭一の選手生命が絶たれた試合の対戦相手だった。大山監督が当時のキャプテンでキャッチャーだったこともあり、千本木は「やりにくくないか?」と声をかける。当事者として心に傷を負ったままの千本木だったが、大山監督は呆れたように「何年経っていると思っているんだ? あの試合を覚えているやつなんかほとんどいない」と返す。公式戦での対戦は、その時以来。両校とも“出れば負ける”を繰り返していたためだったが、今年はどちらも久しぶりに戦力が整っていた。そんな中、グラウンドにはバッティングの調子が悪い遼の姿があった。芯を捉えず、大きく左にそれていく打球。そんな様子を撮影する亜里沙――その後、彼女が会って映像を見せていたのは遼の兄・智仁だった。遼の子供時代の写真と交換で、バッティングの様子を撮ってくることになっていたのだ。亜里沙はバッティングが上手くなるよう指摘してくれるのだと思っていたが、智仁は「今のまま力いっぱいのグリップでヒザを固くしたまま、内角を思い切り引っ張り続けてくれ」と言葉を残して去っていく。憤慨する亜里沙に対し、横で話を聞いていた間崎は「今の言葉をちゃんと伝えてやれよ」「仲のいい兄弟みたいだな」と声をかけるのだった。そして、それぞれが記憶と苦悩に向き合う明青学園VS栄新高校の試合が始まる。

      • 第16话 全力发挥!

        27年の時を経て始まった明青学園VS栄新高校の試合。中々得点できない明青野球部員達に、動揺が広がっていた。その原因は大山監督の不安定な采配だ。27年前の試合中に起きた事故の当事者として、今回の試合を気にする千本木に「あの試合を覚えているやつなんかほとんどいない」と言葉をかけた大山監督。しかし今朝、その事故の夢を見てしまったことで気持ちがブレ、攻めの指示ができなくなっていたのだ。自身に言い聞かせるように、投馬へ全力プレーの指示を出す大山監督。一方の栄新高校。春夏の見立てでは、大山監督に悪夢がチラつくことでベースカバーが甘くなると読んで攻撃していたという。今回指揮をとっている監督は、当時、栄新野球部のキャプテンでキャッチャーだったのだ。強気な監督に対し、事故の話を聞かされたのか栄新野球部員たちの守備は控えめだ。そんな中で全力プレーの指示が出た明青野球部。チャンスを掴んだかに見えたが、姑息な隠し球で水を差される。果たして試合の結果は……?

      • 第17话 都与众不同对吧

        全国高等学校野球選手権・東東京大会のベスト8が決定した。すべてシード校という中で、世間が特に注目しているのは明青学園と、元・須見工業高校である健丈高校の対戦。30数年前の夏を体験した大人たちにとって2校の試合は伝説なのだ。一方、 “自転車に乗った怪しい男”が立花家周辺をグルグルしながら音美を探しているという噂がたっていた。音美がパンチの散歩中に出会ったその男の正体は、西村だった。明青学園のグラウンド周辺で投馬に見つかった西村は「勢南とやるまで残れるか心配になった」と言い訳をするが、ピッチングをする夏野の様子を見て何故かイライラしてきた様子。ついに指導を始めてしまう。どうやら夏野のピッチングは西村と似たところがあり、欠点が手に取るように分かったことで我慢できなくなったらしい。投馬は「アドバイスに見せかけて潰す気では?」と心配するが、西村の表情はただ純粋に野球が好きな少年のものだった。指導を受けた夏野のピッチングは果たして……? そうして始まった東東京大会準々決勝。多くの期待を寄せられている明青学園と健丈高校、その注目のせいか実力はあるものの過小評価を受けている勢南高校。準決勝に駒を進めることになるのは、どの高校か?

      • 第18话 那是谁?

        全国高等学校野球選手権・東東京大会、準決勝に駒を進めた明青学園の対戦相手は勢南高校だ。ピッチャーの西村を攻略するため、明青学園野球部はフォームや球質の似ている夏野を練習台にすることに。“仮想西村”相手に調子が良さそうな部員たちを見て、満足げな大山監督。しかし、走一郎の提案で“もっと西村に似せた”夏野のボールを、部員たちはまったく打つことができなくて……!? 一方の勢南高校。対戦相手が決まってからほとんど寝ていない西村監督は、明青学園の資料を読み込み、とても嬉しそうだ。西村監督にとって特別な試合。その様子を見ていた部員たちは、勝利を誓っていた。超満員の明治神宮球場で、ついに始まった準決勝! 第一試合、健丈高校VS東秀高校。結果は5対3で健丈高校の勝利となったが、東秀高校が何度も追いつく様子は観客を魅了した。そして第二試合、勢南高校VS明青学園。西村監督は投馬の投球を研究しており、勢南高校野球部の実力を冷静に判断した結果、今回の試合に自信をのぞかせる。そんな中、マウンドに立って投球を始めた投馬。その姿を見た西村監督は呟く「あれは……誰だ?」

      • 第19话 表情真棒呢

        全国高等学校野球選手権・東東京大会、勢南高校VS明青学園の準決勝が始まった。調子の良さそうな投馬のピッチング。本人は「いつも通りだ」というが、試合に向けて投馬を研究していた西村監督と球を受け続けてきた走一郎は、突然の変化を感じ困惑していた。一方の西村も150km超えのストレートで明青打線を抑えていく。さらに、西村のカーブは走一郎を翻弄するほどになっていた。今までのデータがまったく役に立たない圧巻のピッチングが続き、ついに3回が終了しても両者無失点。ボールがバットにあたって前に飛んだだけでも大歓声が上がるほどの試合が続く中、勢南高校キャッチャー・田所が西村の球を捕り損ねたことで、明青学園の駒が初めて塁に出る。それでも闘志は衰えず、錦の送りバントは西村の送球によってダブルプレーとなる。激しい投手戦。果たして、決勝に進むのはどっちだ?

      • 第20话 最佳比赛

        東東京大会準決勝第2試合は、西村と投馬の激しい投手戦が行われ、打たれても守備がしっかりとカバー。7回表まで両者無失点となっていた。投馬のパーフェクトゲームが見えてきたことに沸き立つ球場。そんな中でも投馬と走一郎は、冷静に目の前のバッターだけを見ていた。続く7回裏。西村の高速スライダーをかろうじてバットに当てた遼が塁に出る。初ヒットに盛り上がる観客たち。大山監督は2番バッターの室谷にある指示を出す。誰もが送りバントだと考えていたが、打席に立った室谷はフルスイング。当たり損ないのダブルプレーだけは避けたかった大山監督は、ランナーをそのままにして3番バッターの走一郎の長打に賭ける方が点につながる可能性が高いと考えていた。しかし、それを考えていたのは相手も同じ。走一郎は申告故意四球で塁に進むことになる。続いて打席に立った今川。西村がボールを投げようと足を上げた瞬間、遼と走一郎が走り出す。ダブルスチールは成功し、明青学園はワンアウト二塁、三塁というチャンスを掴んだ。「バットにさえ当たれば何かが起こる!」という大山監督の希望を受けた今川は、球を見事に打ち上げる。「外野まで飛んで犠牲フライ!」と叫ぶ大山監督をよそに、球は外野の芝生に落ちた。今川はタッチアウトとなってしまったが、遼と走一郎はホームイン! ついにこの試合初めての点が明青学園に入った。8回表、投馬の投げたボールは157km。打席に立った西村は、絶好調の投馬に翻弄されて終わるかと思われたが……。ついに勢南高校VS明青学園の試合が決着する!

      • 第21话 还差一步

        東東京大会準決勝第2試合、勢南高校VS明青学園。激しい投手戦の結果は、明青学園の勝利で幕を閉じた。明後日の決勝戦、明青学園が戦うのは元須見工業高校の健丈高校だ。30数年前、多くの野球ファンに鮮烈な記憶を残した決勝戦が再びやってくる。特にこの戦いを心待ちにしており“今、世の中で一番舞い上がっている男”英介に電話をかける大山監督。しかし、その電話をとったのは音美だった――。その後の立花家。「トイレットペーパーを買い忘れた」という真弓の代わりに薬局へ買い物にやって来た投馬は、記憶喪失の男に出会う。彼自身の記憶が戻ったわけではないが、周囲の情報から自身が“原田正平”であること、“家族らしい連中”と過ごしていることを聞く。原田家に案内され、食事をご馳走になった投馬。そこで原田に声をかけられる「ちょうどこの時間だったな。勢南戦でおまえが西村にホームランを打たれたのは」――そして、父親である英介が亡くなったのも。

      • 第22话 没有变

        東東京大会決勝戦。健丈高校と戦う明青学園のピッチャーは夏野。投馬はというとレフトを守っていた。実の父親である英介を失い、試合には参加しているもののどこか上の空の投馬。この試合で投げさせないと判断したのは、誰よりも投馬のことを分かっている走一郎だった。「投げさせてほしい」「同情して手加減してくれるかもしれない」と自虐的に頼む投馬だったが、「そんな試合をお前の父親に見せたいのか?」という大山監督の言葉に返事をすることができない。夏野は9回3失点と健闘したものの、全国高等学校野球選手権・東東京大会は健丈高校が勝利したのだった。その数日後、友人を亡くしたことと試合に集中できなかった後悔で、ヤケ酒をしている大山監督の姿があった。「飲まずにはいられない」という大山監督の姿を見ていた春夏は「飲めない投馬たちはどうすればいいのか?」と立花家を心配していた。しかし学校で会った投馬は、これまでと変わらない様子だ。春夏は「元気そうでよかった」と安心するが、走一郎によると大切な真弓の誕生日を忘れるなど、どこかぼんやりと日々を過ごしているらしい。あの日、英介を襲ったのは心筋梗塞。会社の健康診断でも毎年全く異常がない、健康を絵に描いたような英介の死は誰にも予測できない突然のことだった。英介の出てくる夢にうなされて眠れず遅刻が増えているものの、部活に参加し変わらない投球を見せる投馬。明青野球部の新キャプテンになった走一郎。慣れない禁酒生活を始めた大山監督。それぞれが少しずつ変化していく中、向かうは秋季大会――。

      • 第23话 我不要

        大山家では、突然「泊りで温泉旅行に行く」と言い出した月影先生の話題になっていた。ここ最近、父・英介を失った立花家へ行き真弓と話をしており、月影先生なりの気遣いだということだ。一方、家族や友人たちに会っている記憶喪失の男こと原田は、明青学園を訪れていた。千本木も在学時の記録を探していてくれていたが、不自然なことに何も残っていないらしい。謎は深まるばかりだ。当時、ボクシング部に所属していたということで部活を覗きに行き、そこでたむろしていたOBをボコボコにしてしまう原田。「もう少し体を動かせば思い出せそう」というところで、キャプテンの大橋も餌食になってしまう。そして迎えた土曜日。真弓を温泉旅行に送り出した音美は、キッチンで夕食の準備をしていた。投馬が帰宅し、大山監督とミーティングをしている走一郎が戻ってきてから食事を始めようと話していた時、電話が鳴る。それは走一郎からで「OBに差し入れされたビールを大山監督が飲んでしまい介抱している」というものだった。その流れで、大山家の夕食をご馳走になることになったようだ。投馬と音美は二人だけでの夕食をスタート。話は自然と英介のことになる……。

      • 第24话 拜托你了喔

        真弓は月影先生と温泉旅行、走一郎は大山家で食事。それぞれ予定ができたため二人で過ごすことになった投馬と音美。英介について、走一郎について、そして初めて会った時の話……二人がコーヒーを飲みながら過去を振り返っていると、庭に何者かが侵入してくる。それは酔っぱらった原田だった。酔ったことで、ずっと生活していた庭のテントに帰ろうとしてしまっていたのだ。投馬と音美が二人で過ごしていたことを知った原田は「悪いことをした」と英介に線香だけあげて帰ろうとする。見送るため玄関へやってきた音美に、原田は「投馬を頼んだぞ」と声をかけるのだった。そうしてやってきた秋季大会。三年生の抜けた新体制で挑む明青野球部は、新メンバーも頑張っており絶好調! しかし、江戸川区野球場で始まった明青学園と南多良高校の試合でマウンドに立っている夏野は、投げる球を打たれ続けていた。相手が打線チームとはいえ、大山監督も思わず「打たれ過ぎ」と言ってしまうほどだ。その様子を見ていた投馬は「全体的にボールが高い」と指摘する。夏野の持ち味は“低めにコントロールされたキレのいい球”。それが見られない上に、抜け玉や逆球も多いのだ。ピッチャー交代となり投馬がマウンドへ。結局、試合は11対4で明青学園がコールド勝ちとなった。英介の想いを背負う覚悟ができた様子の投馬。悪夢にうなされ学校に遅刻することが増えていたが、音美が起こしに行くとしっかり目覚めており、真弓の話では朝食も食べきるようになったそうだ。真弓に見送られ、一緒に登校する三人。立花兄弟は今日も元気だ。

      扩展剧集平铺显示 / 列表显示

      角色列表

      留言板

      评论数:0
      反馈 报错